読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【誰かの希望になるために】

ココロを開く、リハビリブログ。

問答LIVEレポ。

ぢんさんの問答LIVEに行って来た。

初LIVE、
Zepp
初1人参戦。

初めてづくしの今回、私にとってある意味、検証実験w


私にとって『楽しい』ってなんだろ?って模索している中、
心屋系の皆さまは、常に楽しんでいる印象で、
きっと、このLIVEも心屋系の身内の方々で、盛り上がっているんだろうとふんでいたw
だからこそ、私はそんな周りの姿を見て、自分はそんな風に楽しめないと言う「現実」を
突き付けられて、凹んで帰ってくるとばかり思っていた。

当日、自分でもなんなのかよく分からない緊張感の中w行ってみると、
予想している以上に、1人参戦が多い!見るからに分かる。
そして、入口までの長ーい行列にゲンナリしてたら、気付いた時には
緊張感はなくなってた。
その行列の横には、『チケット譲って下さい!』の子たちは数人いて。。。
どんだけ人気モノやねん!と心の中でツッコんだw


LIVEはしれぇ~と始まるw
この日は、ぢんさんはインフルエンザで延期したLIVEの振替。
平日だったLIVEが日曜日になったのだ。
まぁ、だからこそ私は参加できたのだけどw
そんなネタも含めて、ぢんさんはまるで綾小路きみまろだったw
歌い始めると、さだまさしor松山千春のような印象でした。←トークが面白いからw

とっても不思議な空間で。
あの人は、何者なんだ?!…が常に私の中にアリw
すげー、俯瞰して見てた感じ。
私はこの空間を、どう言葉で表現するか、ばかりを考えてた。
私はたぶん、伝える事、表現する事で、体感するのかもしれない。

だからなのか、私はノリノリで楽しむ感じじゃなかったんだけど。。
その時ふと思ってしまった。

『私は、あちら側の人間だ』って。

その会場にいて、盛り上がるのではなく、囃したてる方なんだ…って。
あ、もちろんwステージに上がる訳ではなく、この空間を作る側だと思ったんよね。
私は、この盛り上がりを見て、楽しむ方だなって思ったんだよねぇ。


このレポを書くまでにも、いろいろと言葉を考えていたんだけど、
降りてきた言葉がある。
昔、何かのセミナーで、講師が言っていた言葉。

 

『究極のセラピストとは、存在だけで人を癒す』


その人が、居るだけで元気になるとか、テンション上がるとか。
その講師曰く、分かりやすく言うと『アイドル』みたいな感じだよね、っと。

私個人的には、すごくその言葉が印象深くて、すごく納得したのを覚えてる。

ぢんさんは、まさにソレを、地で行く人なんだなーって思った。


会場のいたる所から、「ぢんさん、大好きー!」の声がかかるたび、
違和感満載だったww
ジャニーズのコンサートかッ?!…みたいなw

 

心屋系を宗教的な感じに表現する事が多いけど、
私的には、『究極のセラピスト=アイドル』ってのが降りてきた時、
なんかすげーストライク感が大きかった!

心理の事も分かっていて、尚且つ歌って踊る。。。コレかー!
ぢんさん、さすが過ぎるw


ホント、行くだけでいろんな気づきが満載。
楽しんでも、OK。
泣いても、OK。
楽しめなくても、OK。
泣けなくても、OK。

 

迷ったら、GO!…です!

f:id:marikooo:20160321130318j:plain