読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【誰かの希望になるために】

ココロを開く、リハビリブログ。

ルノワール【回顧】

以前から、好きだった【印象派】の絵画たち。

その印象派を代表する画家ルノワール
日本人が最も好む画家、とも言われています。
 
今、各所でルノワール展、やってるみたい。
教科書とかで必ず見たことあると思う。
タイトルバックの作品は
『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』
彼の作品の中で、1番好き♡(≧∇≦)
オルセー美術館で、この作品をナマで観たのは、
私の数少ない自慢だったりする(笑)
 
 
印象派の絵画は、華やかで、美しく、
誰の目から見ても、芸術作品だって分かる。
ある意味、分かりやすく受け入れやすい作品。
 
私は文学部美学美術史学科を卒業しました。
そこで学んだのは、自分が美しいと感じたモノは、
全て芸術だって事。
まぁかなり、乱暴な解釈ですが(苦笑)
 
ルノワールは、その典型で。
単純に美しいと感じる。
色合いと表情、あのキラキラ感は、
絶対的に、人を惹きつける。(←かなり個人的主観)
 
 
今回、ルノワールの事を書いてみようと思ったのは、
展示のキャプション(説明文)を読んで、
なんかハマッたからw
 
ルノワールは、裸婦をモチーフにする事が多々あったんだけど。
そのキャプションに、ルノワールが語ったと言う一言が書いてあったの。
 
『個人的な趣味で言えば、
  (最も美しいのは)女性の身体だ!』
 
 
・・・これ。
これを読んだ後に、展示を観て回っていたら、
ふと思ったんだよね。
 
『ただの、女好きじゃん?』
 
そして、一気に親近感が沸いたと言う不思議(笑)
 
 
ルノワールがすごいのは、絵画を観てるのに、
「肌、キレイ!(゚Д゚)」
っと、思わせてしまう事。
白い肌とブロンドの髪って、最強かもしれん(笑)
 
あと、表情。
とびっきりの笑顔なんかは、もちろんなく、
無理に作ってない感が、スゴく好き。
この↓男性のような、至福の顔が、なんとも言えず好き♡
 f:id:marikooo:20160526150251j:image
 
 
以下、図録より。
ルノワールは、生活、自然、そして自然体の人々を愛した。
 
ルノワールが伝えるのは、気取りのない幸せ。
 
女性の輝きや、穏やかさと愛に満ちた
幸せな時間が持つ美しさを描くことを望んだ。
 

いいよねー、この感じ。
あー、だから私はルノワール、好きなんだぁ〜
っと、腹に落ちていく感じがした。
 
大学を卒業して17年。
今さら分かるなんて、人生はオモシロイ。