読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【誰かの希望になるために】

ココロを開く、リハビリブログ。

再生

高校生の頃、将来の選択をする時期。

いろんな職業が書かれた本を、

パラパラと読みあさり、出会ったのが

〝キュレーター〟という言葉。

 

ちなみに・・・

キュレーター:集める人

クリエイター:創る人

 

 

ほぼオール3 と言う、「普通」を絵に描いたような成績だったのですが、

時々「4」が現れる教科がありました。

それが「美術」と「音楽」

とくに「美術」関しては、先生が教科書から抜粋した作品の

感想や考察をそれぞれ書いて行くテストがあって。

私はそのテストで、最優秀のA´(エーダッシュ)をもらった♬

 

本で〝キュレーター〟と言う言葉を見つけた時、

その時の記憶が、ふと蘇ったの。

 

 

そこから、私の人生はスタートした。

キュレーターになるには、「学芸員」と言う資格があると良いらしく

それが取得できる大学を選んだ。

しかも、家から通える距離で、運よく?偏差値も低くて推薦をもらえたし(笑)

 

そして高校生の時に、友人に誘われて始めたバイト代が

なんとなく貯まっていて、ヨーロッパへの研修旅行に参加できた。

 

私は、ホンモノに出会う事ができた。

 

 

 

考えてみたら、そこまでの私の人生は、流れに乗っていたような気がする。

大学卒業時、彼氏が東京に居るからと、追いかけてしまった時から

何かが変わっていったのかもしれない。

東京に行くコトは、彼氏の望みでもあったから。

それって、結局のところ、他人軸で動いたってコト。

 

東京には行きたい気持ちはあったけど、

別に「東京」じゃなくても良かった。

実家から、離れたかった。。ただ、それだけ。

 

仕事も、唯一内定もらったところに就職。

やりたいコトもなかったし、とりあえず・・・で選んだ仕事。

その時には、キュレーターって言葉も忘れていた。

 

 

きっと、東京に行かなくても、私の転職回数は変わらなかったと思うけど。

思い返せば、仕事が決まる時って、なんとなく分かる感じだった。

 

 

私の感覚は、そこまで研ぎ澄まされたモノだったんだよ!

今思えば、すごいよなぁ~。

気になる仕事は、全部やった。

全部、中途半端だったかもしれないけど(笑)

今の私のベース。

すごく良い経験をしてきたと思ってる。

 

 

ずいぶんと、鈍ったよなぁ(笑)

何より、大人になって、上手い?逃げ方を覚えてしまった感じ。

 

 

あの頃のリソースを、呼び覚まそう。

あの時から、私は大丈夫だったんだ。

ムリをせず、ゆっくりマイペースで、自分の感覚を信じて。

戻るぞ、私♡