読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【誰かの希望になるために】

ココロを開く、リハビリブログ。

鮫肌の現実

ワタシの人生を支配する鮫肌。

この前提を手放すために、あえて書いてみようと思う。

 

 

ちなみに、鮫肌とは・・・

皮膚の特殊な乾燥,粗糙(そぞう)化(ざらざらになること)した状態の俗称。一般には欧米のfish skin,日本名の魚鱗癬(ぎよりんせん)ichthyosisに当たる変化を指すが,これを文字どおり〈サメの肌〉と解釈して毛孔性苔癬lichen pilarisを当てる向きや,さらに拡大して鳥肌goose skinまで含める見解もある。魚鱗癬は皮膚の乾燥,粗糙化と魚鱗様変化の出現を特徴とする病気で,種類も多いが,今日までその分類は国際的に統一をみていない。

 

簡単に言うと、【極度の乾燥肌】かな。

私は小さい頃に、発症?しました。

 

今は、多少マシになってるけど、小さい頃は酷いもんで。

私はずっと、周りの人から汚いモノを見るような目で見られてた。

仲良しだった友達も、触れてしまった私の手を振り払って

服にこすりつけて、私の〝汚れ〟を拭ってた。

 

そんな扱いを、いつも無かったコトのようにやり過ごし、

かろうじで、自分の居場所を保ってた。

 

 

 

私のほかにも、アトピーだった女の子が、同じクラスに居ました。

彼女は、赤い斑点のような症状が、体中に出ている子でした。

 

 

私は、その子を見て、〝気持ち悪い〟と思ったんだ。

 

 

同時に、周りの人から、私もそんな風に思われているんだと、痛感した。

サイテーだった。

痛すぎて、痛すぎて、ココロを騙し続けた。

 

 

 

私は汚い。

私は気持ち悪い。

私は、ここに居ちゃいけない。

そんな前提が、出来上がった小学生時代。

 

 

そもそも、2~3歳で人から受け入れられない前提が出来上がっていたのに、

さらに立ちはだかった、高い壁。

母親からしたら、私はずっと「(そんな肌で)可哀そうな子」だった。

私は、生きている意味あるのかな。生きてていいのかなーって

思ってしまうほど、辛さと向き合うコトが出来なかった。

 

 

そんな悲壮感?漂う私は、さらに〝腫れ物〟扱いされて、

私の世界はどんどん悪化した。

 

 

 

 

今でも、鮫肌は完全に治っていません。

随分とマシになったけど、気を抜くと粉をふくほど、乾燥する時もある。

 

そんな時、自分で自分の肌を、可愛そうだと思ってしまう。

 

 

同じ鮫肌を持った人を、他に出会ったコトがない。

たぶん、病気?自体が明確になっているモノではないので、

同じ症状と言うのはあまり居ないんだと思う。

 

 

 

シーズのシナさんに教えてもらって、

今は、化粧水を身体につけた後、薬用の保湿クリームを塗ってる。

 

そうすると、驚くほど肌がしっとりします。

これまでの自分の身体では、まずなかったしっとり感なので、

ベタついているように感じるほど。

乾燥肌で悩んでいる方は、一度やってみると良いかも。おススメです。

 

 

 

今は、地道にこうやってご自愛するコトを重ねてます。

 

 

タバコは、やめられませんが。。。

この矛盾により、私は鮫肌を治したいのか、治したくないのか、

若干の不安要素だったりします。

 

 

鮫肌が治っても、私は独りかもしれないと思うと、怖いもん。

今は、良い言い訳になっているようです。

 

 

 

 

ホントはねー、

常に上から目線の、プライドの高い女が、私の中に潜んでいて。

お姫様・・っと言うよりは、女王様気質のヤツね(苦笑)

こいつが誕生したのも、鮫肌のせいだと思いたくて。

 

人をバカにして、生きていくしかなかった。

こいつらみんな、アホだし。

私のコト、理解できる訳ないわー!って。

 

なんで、理解してもらう前提なんやろね(--;)笑

ここまではびこる【承認欲求】が疎ましい(苦笑)

 

家族の中でも、自分の居場所がないと思い込んでいた私は、

この極端な【承認欲求】を手放したい!!!!!!!!!!!!

 

 

 

自分で自分を認められないのは、なんでだろう?

私は、存在だけで素晴らしいと、どれだけ思っても、つぶやいても

結局、誰かがそれを認めてくれないと、自身を持てないんだ。

それを〝良し〟と出来ない。

 

 

至って「普通に生きるコト」だって、才能なのにね。 

 

どれだけ頑張って、場から浮かないように、目立たないように

周りに迷惑かけないように、生きてきたか、、、

 

 

まぁ、おかげ様で、空気を読める人間になり、

微妙ながらも、社会に順応?出来てますが。。

 

 

鈍感で、何も気づかない、そんな人になりたかった。

いや、本来、私はそっちの人間だ。きっと。

だから余計に、そういう奴を見ると、腹が立つんだ。。。

 

酔っぱらって、記憶を飛ばしている時の自分が、本来の姿なら

私はきっとアウトローだと思う。。(この辺はまた別の機会に)

 

 

これだけ自分を分かっていても、受け入れられない。。

自分自身が一番、「普通」に囚われている現実。

殻を破れる日は来るんだろうか??

 

あー、また今日もオチなし。。 (´д`ll)