読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【誰かの希望になるために】

ココロを開く、リハビリブログ。

小さい器

ウチの会社の子が、まもなく退職する。

理由は、会社都合。

私は、とてつもなく複雑な気持ち。

 

 

この師走の忙しい時期に、有休消化に入る。

その子は、完全に気が緩んでいるようで・・・

 

 

 

 

めっさイラついたッ!!(ꐦ°д°)怒

 

 

 

 

事情が事情なだけに、放置してるけど、

おしゃべりが長いわ、処理ミス連発だわ、席に居ないわ、、、

 

 

 

お前そんなんだから正社員になれねぇんだよ!!怒

 

 

 

 

・・・っと発狂しそうになった(笑)しかも巻き舌で(笑)

もちろん、言ってないけど。

 

 

最後ぐらい、きちんと仕事をやり切ろうと思わんのかね(--;;)

責任もって、最後までやるように促してみても

笑ってごまかしやがる。。

ずっと、そうやって誰かに頼って来たんだねー・・・とドン引きした私。

 

 

 

 

私はずっと、周りに迷惑をかけちゃいけないって

なんでも1人で出来るように、食いしばって頑張って来たんだ。

使いたくもないおべっか使ってさ。。

 

 

きっと、そんな風に、ゆるーく仕事するのが、羨ましくて、

私には出来なかったコトだから、許せないだけなんだ。

 

 

 

 

そして。

私は、今後の彼女の人生なんて、知らんし〜って

育てるコトを回避したんだ。

〝後々、痛い目みればいいさッ!〟って。

彼女のためになるようなコトは、絶対に言わないと決めた。

 

 

まぁ、本人に成長する気がないので、

こちらが頑張ってもダメだったってだけだけど(苦笑)

 

 

 

 

最後の最後まで、彼女は私に〝ギフト〟を与え続けてくれた。

心屋的に言う、『師匠』だったんだろうな。。

私は、歳が違うからとか、彼女はカワイイからとか、

私には、そんなバカにはなれないって、見下し続けた。

 

 

ホントはそうなりたかったくせに。

 

 

彼女を見るたびに、そんな風になれない自分を思い知って

怒り→悲しみ→怒り→悲しみ・・・のループを繰り返してた。

 

 

 

彼女が居なくなったら、きっと忙しくなる。

細かい雑務が、全部戻って来る。。

その時、私は、会社を辞められた彼女を、また羨ましく思うだろうな。。

 

 

これが、私が望んだ世界か。

今度は何を見せてくれるんだろうなぁー。

 

 

 

自覚してない、いろんな自分が、まだまだ居るもんだねぇ〜(;´Д`)