読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【誰かの希望になるために】

ココロを開く、リハビリブログ。

スーパーヘビー級

Facebookで見かけたブログ。

心屋系の方が書いたモノで、『スーパーヘビー級の女』と言うタイトルで

始まっていた。

 

 

 

私は「特別」になりたかったんだ。

「一番かわいい生徒」になりたかった。
一番かわいくて、一番ひいきされる生徒。

 

 

そう、ブログに書いてあった。

なんかねー、泣きそうになったと言うか。

ワタシ的には、激しく共感できる部分なんだけど、

たぶん、私はこれを読んで凹んだ。。。

 

そんな自分に気が付いて、私は〝そんな自分〟がキライだったんだなーって思った。

どんな自分にも〇を付けるって、意外と難しいコトも実感しちゃって。

さらに落ち込む(苦笑)

 

 

 

好きな人には、特別扱いされたいのだ。
みんなと一緒じゃ不満なの。
私が一番じゃなきゃ嫌なの。
 
 
 
・・・そう続くブログの内容が、響いてイタイ(;´Д`)
 
 
だけど、そのブログはさらに続いて。

 

 

対象が好きすぎるほど、言えないのだ。
なぜなら、私の愛は重いから。
(中略)
対象が好きすぎるほど、言えないのだ。
なぜなら、私の愛は重いから。
 
 
私にはその自覚がなかった。
・・・っと言うより、なんで「特別」や「一番」にこだわるのかなんて
考えたコトがなかった。
ただの自己満だと思ってたから。
 
 
 
好きになりすぎてしまうのが嫌で
抑えて抑えているうちに
「好き」が言えなくなってしまって
 
そのうち、好きなのかどうかすら、分からなくなってしまった。
 
 
 
突き詰めると、 好きなのかどうかも分からない。
そのレベルまで同じ。
私も、それだけ対象を好きだったってコトか・・・?!Σ(゚д゚lll)
 
 
 
好きになりすぎてしまうから
「好き」に応えてもらえないと悲しいから
失うことの不安が大きくなるから
 
 
失うコトの不安。。。
好きすぎるからなんて、、、考えもしなかった。
私は、相手に思ってもらうコトばかり、こだわっていた気がする。
 
 
 
 
 
このブログの筆者は、最後にはそんな自分を受け入れてました。
 
 
私は、、、無理だ(苦笑)
いや、無理じゃないけど、、、腑に落ちない。。。(´Д`|||) ドヨーン
 
 
私の価値観の中で、重ーーい〝好き〟は、押しつけがましいの。
相手の負担になる想いなんて、ホンモノではない気がする。
もしかしたら、私がホンモノだと思っているモノは、〝愛〟とか言われるモノに
近いのかもしれないけど。
どーしても、違う感覚に思えてしまう。
・・・コレも何かのブロックなのかしら??
 
 
 
これが、私の価値観です。・・・っで、いいのかしら??
 
 
 
 
だって、「特別」や「一番」は、相手が決めるコトじゃん?
私の中で、特別や一番であっても意味がないの。
相手が私を、「特別」扱いしてくれないと嫌。。。
 
なんて傲慢なんだ(´д`ll)
 
 
 
正しい答えがないのも分かっているけど。
言い切れる、根拠のない自信も、今の私にはないし、
もしかしたら、〝正しさ〟を求めすぎてるのかもしれない。
 
 
 
傲慢がダメなんて、誰が言ったんだろ?
 
 
 
 
 
自分がないと言うコトは、どんな自分にもなれると言うコト。
私はそう受け止めて、〇を付けた。
だけど、なんにでもなれると思うと、さらに迷う(苦笑)
【姫】にふさわしい人間になろう!・・・とは思えないし、
私ごときが姫なんて、おこがましい。と、まだ思ってしまう自分が居る。
 
 
 
 
人は思ってる以上に、〝常識〟に苛まれてる。
 
 
 もしかしたら、スーパーヘビー級でも良いのかも?!ww
 
 
 
どっちにしろ、悩みたいお年頃は卒業できないみたいw
アホやー(^^;;;)