読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【誰かの希望になるために】

ココロを開く、リハビリブログ。

St. Valentine's Day

昨日はバレンタインデーでしたね♬

私は今年も関係ありませんでしたが。。(笑)

 

 

 

義理チョコや、友チョコの出現で、議論を生んでいたり、私も思う所はありますが。

日本では、女の子が男の子にチョコレートをプレゼントして、愛を告白する日。

・・・と言われています。

ま、今となっては、チョコレートを売りたいお菓子メーカーの策略だって

思っている人もいるかもしれませんね。(実際そうなんですがw)

 

 

そうなると。

じゃぁなんで、2月14日なのか?なんで女から男なの??って思いません?!

本来、バレンタインデーって何の日なんだろ??って思いますよねw

 

 

 

調べてみると。。。

時はローマ帝国時代。

当時、戦争のために兵士たちの婚姻が禁止されていました。そんな兵士たちを憐み、

内緒で結婚式を挙げさせていたのが、キリスト教司祭であるバレンティヌス。

(英語読みではバレンタイン)最終的には、そのバレンティヌスの行いが、

皇帝に見つかるところとなり、処刑されてしまいます。その処刑日が2月14日でした。

 

その200年後。

当時のローマでは、2月14日はすべての神の女王であり、家庭と結婚の神でもある

女神・ユノの祝日でした。その翌日からは、豊穣を祝うお祭りがありました。

祭りの前日、女たちは紙に名前を書いた札を桶の中に入れることになっており、翌日、

男たちは桶から札を1枚ひく。ひいた男と札の名の娘は、祭りの間パートナーとして

一緒にいることと定められていた。そして多くのパートナーたちはそのまま恋に落ち、

そして結婚した。

これに風紀の乱れを懸念したキリスト教は、このお祭りを廃止し、キリスト教の殉教者

を祀るお祭りにすることを定めます。そこで選ばれたのが、200年前、恋人達のために

命を落とした、バレンティヌスだった。(参考:バレンタインデー - Wikipedia

 

 

・・・っと言うのが、有力説のようです。

 

監獄中のバレンティヌスが、死ぬ前に女性に〝あなたのバレンティヌスより〟と

署名した手紙を贈ったコトから、アメリカでは男女問わず、メッセージカードを

贈りあう風習があるらしい。

 

 

手紙。。。

いいよねぇ( *´艸`)w

 

 

ここからは、私の話になりますが。。(ノンフィクションですw)

高校1年生の頃。

サッカー部の男の子に、恋をしてました。所謂〝初恋〟ってヤツ。

私は、教室の片隅から、彼を見ているのが大好きでした(´v`o)♡

 

彼は、背が高い訳でもなく、イケメンでもなかったけどw、

頭が良くて、運動神経がよくて、男子からも女子からも慕われる〝人気者〟でした。

リーダータイプではないので、めちゃめちゃ目立つ存在ではなかったけど、

誰かも「あー、いい人だよねー♬」と言われるような人でした。

 

 

当時、毎日毎日「小テスト」があって。

その時だけ、席に五十音順に座るんだけど、男子で後ろの方になる彼と

女子で最初の方になる私。。たまたま隣同士になると言うミラクルw

答え合わせをする際に、不正がないように隣同士でテスト用紙を交換する訳さ。

それが唯一の会話のチャンスだったから、毎日ドキドキ♡

彼の字は、女性みたいなキレイな字で、今でも覚えてるし、

彼が採点してくれたテスト用紙を、ずっと大切に保管してたww

 

 

 

今考えると、青春ってやつなのかな~。

仲良しの女子グループで、みんなそれぞれ好きな人がいたので、

バレンタインにチョコを渡そう!って話で盛り上がったんだよねw

方法は、各自で検討。

みんな直接渡していたけれど、私はその勇気がなくて手紙にしたの。

彼が部活をしてる間に、こっそり机に置いておくパターンw

 

 

その手紙がねー、書くのにすんごい時間かかって(笑)

いざ紙に向かうと、なんて書いたらいいのか全然分からなくて。

なんで彼に惹かれていたかなんて、それまで考えたコトなかったしw

誰に対しても、同じように接してくれる態度や、

いつも楽しそうに男子とじゃれている姿や、その笑顔が好きだった。

だけど、当時それを綴る文才もなく。。

当時「付き合う」ってコトが、よく分からなくて(苦笑)付き合ったら、どうなるのか

どうすればいいのか、、、だから、そこに私の欲はなかったんだよね。

ただ、純粋に想いを伝えたいってだけだった。。

 

 

 

手紙の内容は、死ぬほど考えたので、今でも覚えてる。

 

  〇〇君のことが好きです。

  この気持ちに嘘はありません。

  チョコレート食べて下さい。

 

 

 

考えてみたら、これが人生で初めて生み出したコピーかも?って思った。

自分を売り込むキャッチコピーww

真っ白な便箋に、これだけ。

インパクトはあるよね、きっと(苦笑)

 

 

 

 

話のクライマックスは、実はここからだったりする!!w

 

 

チョコを机に置いた翌日。

その日も、もちろん「小テスト」があった訳で。

私は、告白した恥ずかしさでどうしたらいいものか、いつも以上に緊張w

とにかく何事もなかったように、やり過ごすしかない!と平然なフリして

頑張ってたわけw

 

 

そしたらね、なんか彼の方向から、妙に視線を感じて。。

無視も出来ず、思い切って彼の方を見ると、

彼が、周りに気づかれないように、ひっそりと「ありがとね」って

言ってくれたんだ。

 

 

 

 

・・・?!∑(゚Д゚)ハゥ

 

 

息を飲むと言うか、なんと言うか、、、

心臓がバクハツしたよね(笑)

心の中で、ひたすらキャーキャー叫んでた!!w

 

 

その後、それを見ていた友達から、冷やかしと共に賞賛されて。。

「良かったじゃん!ホント良かったねー!!!」と言う言葉に

ジワジワと、いろんなコトがこみ上げてきて、

これまた人生で初めて、嬉し泣きをしました。。。

 

 

 

その後、彼との関係に大きな変化はなく。私の片思いは続き。。

2年生になってクラスが変わり、3年生になった頃、

彼が女子に告白をしたと噂がひろまって。

事実かどうかも分からないまま、私はその話に地味にショックを受けて、

私は、その時になってようやく、失恋しました。

 

 

 

 

私の大切な大切な思い出。

 

 

結果は出なかったけど(笑)あの時告白して良かったなーって思う。

私にとって、こんなに青春らしい思い出って、他にないから。

学生らしいコトってあんまりしてなかったしw

 

この幸せな体験は、宝物♡

 

これって、たぶん、バレンタインデーがなかったら、ありえなかった話。

こんな大義名分を作ってくれたコトに、感謝しかない!!

 

 

だから、大切にしてほしい1日でもある。

チョコレートに振り回される日ではなく。

恋する若者たち、ご夫婦、熟年カップル、同性愛者も。

お互いに想いを伝える日として、有意義に過ごしてほしいなぁ~。 

 

 

もちろん、毎日をそんな日にしても良いんだけどね♬

 照れ屋さんには、大事にしたい1日だよね~