読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【誰かの希望になるために】

ココロを開く、リハビリブログ。

〝分からない〟心地よさ

勝手に三連休中~。

何か予定があった訳でもなんでもなく。

退職前の有休消化の一部。

 

 

お休みで嬉しいのは、目覚ましを消せるコト(笑)

好きな時に寝て、好きな時に起きれる。。

こんな幸せなコトはない(´v`o)♡

 

いつもの習慣で目覚めてしまったけれど、

お昼前には再び眠くなり、逆らうコトなく昼寝( *´艸`)♬

気が付くと、18時前だった!!

 

 

よくここまで寝れるもんだと、なんだか関心してしもた(笑)

 

 

睡眠と読書。

それしかしない1日。

 

 

なんだかとっても不思議で、世界はちゃんと動いてるのか、

若干の不安にもなった(笑)

 

 

だけど、睡眠は思考が確実に止まるので、私にとっては必要な時間。

 

休みの前の日、引継ぎ用のマニュアルを遅い時間まで作ってて。

たぶん、いつも以上に頭を使った模様。

人に伝えるとか、教えるとかって、

しかもカタチとして残すってコトは、本当に難しい。

 

 

自分がその仕事を引き継いだ時って、マニュアルなんてなくて、

打合せで、ほぼ全部口頭だけで、必死に自分でメモった。

やってみないコトには、分からないコトも分からない訳で。

後々、分からないコトだらけで、

やたらめったら、めんどぐさいコトだらけだった(笑)

 

 

 

 

私、どうやら、まだ罪悪感があるみたい。

 

社員みんな、それぞれ自分自身で選んだ〝選択〟

なのに、悪化していく状況を、他人事のように見据える自分が、

なんだか悪いコトをしてるような気になる。。。

 

だからと言って、何かできる訳もなく。

 

 

 

もしかしたら、未来の不安と向き合うより、

現状の罪悪感を感じてる方が楽なのかもしれない。

見えるモノと見えないモノ。

 

〝イイ人〟をやめるために、会社を辞めるのにね(苦笑)

それにしがみついてるみたいだ・・・・( ;∀;)

 

 

 

 

 

睡眠DAYに読んでいたのは、江國香織の【ホリー・ガーデン】

これを読もうと思った理由があるんだけど、それはまた別途綴るとして。。

江國香織の描く世界は、

私にとてはとっても不思議で異次元なんだけど、リアル。

江國香織の表現風に言ってみた(笑)

 

 

彼女は、あとがきで、この小説を〝日々の余分の物語〟っと言っています。

彼女は、余分なモノが好きらしい。

『余分な時間ほど、美しい時間はないと思っています。』

あとがきまで、そそるw

上手く言えないけれど、世界観と言うか、この感性に憧れる。

 

 

 

私の偏見に満ちた世界を、ぶち壊してくれる感じ。

偏見=常識的なナニか。

この物語自体、特別大きな事件もないし、ホント登場人物の日常が

淡々とつづられて、それで終わって行くの。

「ん?これで終わり??」

・・・って思う人も多いと思う。

 

 

 

あまりにさらぁ~~っと終わっていく物語は、全くココロに残らない。

だけど、登場人物のインパクトは強い。

私の中で、ずっと何かが引っかかっていたからこそ、今回再び読んでみたんだ。

何かのサインかな~って思ったけど、よく分からなかった(苦笑)

 

 

 

 

睡眠と読書の1日。

ちょっとだけ、江國香織の世界観を過ごしたような気がした。