読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【誰かの希望になるために】

ココロを開く、リハビリブログ。

【本日は、お日柄もよく】

読みたいと思って購入しながらも、かなり長いコト放置してた本。

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)

 

 

最初に言ってしまうと、ワタシにとっては、〝響く1冊〟だった。

お気楽OLが、スピーチライターへの道を歩むと言うストーリー。

あらすじには『お仕事小説』と記されていましたが、

熱ーーーい感じのサクセスストーリーではなくて、〝言葉〟が沁みる本。

 

 

〝言葉〟 〝響く〟 〝沁みる〟 ・・・っとなれば、超~私好み♡

 

 

最後は、感極まってウルウル来ちゃいました。

言葉のチカラって、本当に凄いなぁ。。。

これ、WOWOWでドラマ化されているようだけど、映像を見たいとマジで思った!

www.wowow.co.jp

 

 

個人的には、〝言葉のチカラ〟はもちろんなんだけど、それだけじゃなくて、

スピーチする人間の〝あり方〟が、大きく関わってくると思ってる。

 

 

だからこそ、映画やドラマになった時、

この小説に出て来るスピーチが、どんな風に描かれるのか、

スゴく興味が湧いた♡

 

 

 キャストも、なかなかイイ感じ!

今川篤朗=船越英一郎さん

二ノ宮キク代=八千草薫さん

いやぁ~、この2人は私の中でのビンゴ感がハンパない(笑)

私の勝手なイメージとピッタリ♡

ワダカマについては、、、すまぬ、個人的には〝山崎育三郎〟だったなー

久遠久美については、んー、誰って浮かんでも来ないけど、

もうちょっと、ドシッとした〝圧〟のある感じの人が良かったかなぁ。。

 

・・・って見てもないのに、言うなって感じだけど(笑)

 

 

 

おっと、話が反れ過ぎましたが。。

この小説、例えば結婚披露宴のスピーチを頼まれて困っているなら

絶対読んだ方がいいw

どうせなら、うまく行った方がいいもんね♬

参列者の印象に残るのはもちろん、新郎新婦への想いがしっかり届くはず。

うまく行くかどうかは別として(笑)

読んでいるだけでも、心持ちが違うと思うんだ。

 

 

少なからず私は、小説に登場する久遠久美のお祝いのスピーチ、鳥肌が立った!

当然、軸となるエピソードがあるからこそなんだけど。。

もう、小説がスゴイのか、スピーチがスゴイのか、訳分からんぐらい感動した。

言葉のチカラだけじゃなく、それを生み出す人の〝心〟が入ってる。

 

 

こと葉の師匠である久遠久美は言います。

スピーチライターは、原稿は書かない。そのコツを教えるだけ、っと。

 

なんか、そのコトがジワジワ来るんだよね。

最終的に、言葉に想いの載せるのは、スピーカー(話す人)

確かに、こればかりはライターには出来ない。

だからこそ、人の在り方が活きて来るんじゃないかと、さらに思った訳で。

 

 

私のNLP師匠であるタカさんが唱える、〝対人影響力〟

プレゼンやスピーチなんかで、この影響力が最強かと思っていたけど、

対人影響力に、この小説の言葉のチカラが加わったら、、

もっと最強ぢゃん!!!・・・っと素直に思った。

 

 

 

私は、やっぱり、〝言葉〟が大好きだ。

フレーズ、歌詞、キャッチコピー、文章等々・・・。

 

なんでもっと早く読まなかったんだろう(苦笑)

なんかね、この小説。

政治ネタが出て来るんだけど、途中、難しいとかは一切思わないんだ。

とある場面で、こと葉が、自身の高揚感を

〝誰かを好きになったとき、恋してしまった瞬間に似てる〟っと表現します。

こと葉の想いは、とてつもなく分かりやすく入って来る。

 

 

トーリーも、無理がなくて

「そんな上手くいく訳ないやろ~」ってな展開もないから、

違和感なくて、すごくリアルに感じられて受け取りやすい。

 

 

何度も読み返してしまう、素敵な小説。

ドラマもTSUTAYAで借りて、絶対観よーーーっと♬

評価:★★★★★/5点満点