読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【誰かの希望になるために】

ココロを開く、リハビリブログ。

〝あの時〟をつくる想い

昨日は【褒め言葉カード特別セミナー】に参加♬

春休みならではの特別企画で〝親子〟で参加する褒め言葉セミナーです。

友人きっかけで開催されるコトになったと聞き、

久々に、その友人のお子様たちにも会いたくなって、参加するコトに。

 

 

この褒め言葉セミナーの受講は、3度目なんだけど。

 1回目:褒め言葉セミナー - 【誰かの希望になるために】

 2回目:続・褒め言葉セミナー【アドバンス編】 - 【誰かの希望になるために】

 

その時その時によって、受け取るモノが、やっぱり違う。

だけど、やっぱり行き着く先は同じで、「素晴らしいセミナー」だと、毎回思う。

 

 

おそらく、心理学系のセミナーなら、どこでも教えてもらうだろう〝価値観〟

なんとなく難しく考えてしまう傾向が、私にはあるんだけど、

実は、とてつもなくシンプルであるコトを、明確にしてくれるのが、

この褒め言葉セミナー。

 

「人それぞれ、価値観が違う。」

 

そう言われたら、「そりゃもちろん、そうだよねぇ~」なんて思ってはいるけど、

実際、自分がどんな価値観を持っているかを知っている人は、

意外と少ないような気がする。

・・・っと言うか、私がそうだっただけなんだけど(苦笑)

 

 

ビリーフ(信念・思い込み)なんかと同じで、

自分にとっては、当たり前のコト過ぎて、人と違うコトすら疑わない感じ。

 

 

それは、子供だって同じコト。

子供子供・・・って言ったって、1人の人間。

短いながらも、自身の経験と、たとえ狭くても、自身の世界の中で

培ってきた〝価値観〟が違う。

教育方法は、親御さんの思うところがあって、もちろんイイと思うんだ。

だけど、褒めるコトに関してはは、お子さんが欲しい言葉を、

与えてあげて欲しいと、私は思う。

 

当然、親にだって、労って欲しかったり、言われて嬉しい言葉がある。

親子でソレを知るコトって、すごい価値があると思うんだ。

 

 

〝価値観〟の違いを知るコトで、お互いを尊重するコトが出来るから。

 

親御さんは、それを認識するだけで、

お子さんを〝1人の人間〟として、認めてあげられると思うんだ。

親御さんの言葉って、ご本人が思っている以上に、

お子さんは、押しつけがましく思っていると思うんだ(笑)←私だけかも?!w

知らず知らず、そんな風になる前に、

親御さんの意見もきちんと伝えて、その上でお子さんの意見をきちんと聞ける、

精神的な土台みたいなモノを、知るコトが出来る。

 

 

〝価値観が違う〟って言うコトを実感できるのは、かなり大きい気がする。

 

 

 

新幹線での帰りしな、友人とメッセで、こんなやりとりをしていて。

f:id:marikooo:20170329124535p:plain

 

なんかねー、このやりとりの後、ワタクシ泣けてきたのだよ(苦笑)

なんでか分からないの。

だけど、しばらくウルウルし続けてしまって。。

なぜなのか?!・・・今だにその「謎」は解けてないんだけど(笑)

 

 

 

参加したお子さん達が、

いつかこの日のコトを思い出して、どんな風に思うんだろうなぁ~(´v`o)☆

そんな風に、これから先の〝彼らの未来〟を想ったりして。

なんか、その暖かさにホッコリすると言うか、感動すると言うか。。

ホント言葉に出来ないけれど、暖かくて幸せな感覚だった。

 

 

疑似的だけど、親の思いを知ったような感覚になれて、

子供として、親の愛の深さが、さらに身に染みてくるような感じにもなって。。

ある種の家族療法かも・・・っと、新幹線でその感覚にゆったり浸って帰りました。

 

たぶん、このメッセのやりとりだけじゃなくて、

セミナー内で、親子の様子を見たり聞いたり、フジさんの想いを聴いたり

感じたりして初めて、たどり着いた感覚だと思う。

 

 

 

 

ホント、こればっかりは体験してみないと分からない。

正直、私は当初、舐めてかかってた(苦笑)

ガッチガチに知識を詰め込むだけが、学びじゃないんだなって実感する。

最初はね、多少強制的だったとしても、

全力で賞賛して、全力で喜んで、全力で楽しむコトって、大事なんだなーっと

つくづく思う。

 

 

楽しくて幸せになれるセミナー♡

そして、フジさんが褒め言葉セミナーに込めた〝想い〟を知って欲しい。

f:id:marikooo:20170329132819j:plain

 

詳細はこちらから♬

homekotoba.jp