読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【誰かの希望になるために】

ココロを開く、リハビリブログ。

母の日に向けて

もうすぐ【母の日】ですね。

〝褒め言葉カード〟でメッセージカードを作成したら、

思いのほか好評で、嬉しい♡(〃▽〃)ポッ

 

 

褒め言葉協会で使われてるモノで、

「褒め言葉カード」「褒め言葉トランプ」「ありがとうカード」があります。

協会の中では、時々バースデーカードを作成したりしてました。

〝褒め言葉〟って言うけれど、もちろん相手に向けての言葉なんだけど。

そのベースには【感謝の想い】があります。

 

 

なんとなく、〝 感謝の想いを伝える〟ってキーワードから、

私の中では一番に母の日が出てきたんだよね~。

 

せっかくだからと思い立って、夜な夜な作業をスタート(笑)

褒め言葉カードやトランプを使って、感謝を伝えるカードを作成する。

バースデーカードは、相手に相応しいカードがなかったりするけど、

「ありがとう」って言葉だけなら、使いやすいかも?!・・・なんて単純に思ったの。

その想いを持たずに、カードをお母さんに渡そうとは思わないもんね。

 

 

*******

 

大学生の頃、私は美術史を専攻してたんだけど。

ゼミの時だったかなぁ?

画家の名前すら憶えてないんだけど(苦笑)、

ひとつの抽象画がホワイトボードに映し出されて。

淡い黄色と言うか、オレンジ色というか、その中に薄っすら人の顔が2つ浮かんでる。

・・・そんな感じの絵。

 

その2つの顔は、母と子だったんだけど。

とても優しい顔をしていて。抽象画だったけど、それがよく分かる雰囲気。

あえて母と子をハッキリ描かず、誰かって言うのはよく分からない。

 

先生が、「どうしてこんな描き方をしているのか?」みたいなコトを

私に問いかけたんだよね。

なんとなしに、先生が言葉巧みに私を誘導してくれて、答えられたんだけど。。

 

あえて個人を特定しなくても、母と子の愛情は普遍的なモノだから。

 

・・・そんな感じの答えだったと思います。

 

 

*******

 

その時のコトが、私にとっては、とてつもなく印象的で。

今回のカードを作成する時に、この時のコトをふと思い出したんだ。

 

バースデーカードは、個人を特定する形になるから、

どうしても万人向けに作られたモノでは、なかなか対応出来ないかなーって

個人的には、思っていて。少々引っかかる部分だったの。

 

 

でもさ、〝両親〟ってみんなに共通して存在してるワケで。

そして、大半の人が感謝の想いを持ってるワケで。

こんな時こそメッセージカードじゃない?!・・・って思ったんだー☆

 

 

なんか、上手く言葉に出来ないんだけど、

母が子を想い、子が母を想う。

コレって、すごい素敵な世界だよね。。。(しみじみ)

 

絵画のように、抽象的なんだけど、明確な世界観。

 

 

母から子へ、

子から母へ。

きっと、その想いの形は様々なんだろうけど。

確実に在るモノ。 

 

 

どうか、素敵な母の日をお過ごしください♡

 

※ご自由にお使いください♬

f:id:marikooo:20170510220133j:plain

f:id:marikooo:20170510220152j:plain

f:id:marikooo:20170510220203j:plain