読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【誰かの希望になるために】

ココロを開く、リハビリブログ。

極楽とんぼ

めちゃイケ、見ちゃいました。

テレビの世界なんて、どこまで本当なのか分からないけれど、

私は、そのままを受け取って、感じたコト。

 

愛されているって、こう言う事なんだなぁって。

味方がいるって、素晴らしいことだね。

山本がどうこうってより、加藤浩次がやっぱスゴイよ。

一度は裏切られたのに、一途な思いがある事が信じられない。。

私だったら、恨むかも?

このまま、忘れ去られた存在でも、行けたはずなのに。

そこあえてとりあげるのは、なぜなんだろう??

 

やっぱ、視聴率・・・?!

まぁ、加藤浩次が出演している以上、つきまとう影ではあるけれど。

"宿題"と称されていたこの特番。

世間はどんな反応をするんだろう?

 

 

個人的には、なんだか身につまされる感じがしたんだ。

 

周りはこんなに愛してくれているのに、

強がって、逃げているのは、自分自身なのかもしれない。

情けないところや、弱さを見せるコトが出来ないのは、

独りぼっちになるのが怖いからかな?

自分は、相手より優れているって言うプライド、なのかなぁ?

こんな奴に負けたくないって。。。

何と勝負してるんだろ?

 

私は私でいいと、どこかで思ってなーーー。

信じてくれる人たちに、周りに居てくれる人たちに、

まず感謝しだね。。

それに、どこかで見くびってたコト、お詫びしないと。。

 

 

山本の姿は、なんだか自分を見ているようで。

みんなのコト、

大好きなのに、

大好きだからこそ、

逃げてしまう。

 

その反面、リスクを背負って出演した人たちも居たし、

加藤浩次は、真正面からぶつかってたし。

 

 

私の世界が、番組の中に投影されていたような気がする。

 

もっと、人と、ちゃんと向き合うために、

私は、もっと自分と向き合わないとなー・・・

まさかの「めちゃイケ」に、そんなコトを考えさせられました。 

テレビ、まだまだ侮れませんな。。