読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【誰かの希望になるために】

ココロを開く、リハビリブログ。

メタファー

ふと思い立って、

映画『ネバーエンディングストーリー第2章』を観た。

 

 

 

この映画が公開されたのは、1990年。

当時13歳。リアルタイムで観たかどうかも覚えてない。。

だけど、妙に覚えているコトがあって。

 

本の中の世界が、ある力に支配されようとしていて。

その力の名前を、主人公バスチアンが思いつくシーンがある。

その力の名前は【からっぽ】

それが、妙に印象的で。

スゴイなー・・・って衝撃的だった。

 

子供たちが、夢を持つコトを失っている現実を、上手く表現されてた。

私自身、空虚感を感じていたからこそ、刺さった映画。

なんか、悲しくなったと言うか、固まってた私のココロに亀裂が入ったような。

夢がない私は、からっぽなんだなーって。

 

ーー人はみな、終わりのない物語の一部----

 

上手く構成された物語に、まんまとハマった私。

30年近く前に、すでにこんなコトが表現されている世界。

なんだか、寂しい。

 

巡り巡って、今はそこから変わっているのかなぁ?

 

昔から、ファンタジー好きの私としては、夢見る夢子が減るのは寂しい。

ファンタジーだからこそ、入ってくる何かがあると思うし。

こんな夢の世界を、創造できる人が生まれなくなると思うのが、寂しい。

本の世界に入るとか、本の世界を具現化するとか。

正直、その創造に憧れるところがある。

 

夢の世界を、作り出せる本や映画は、やっぱりココロを豊かにさせると思う。

映像がキレイになればなるほど、その世界は美しく描かれる訳で。

そんな世界に、癒されるし、少なからず希望を持った気がするし。

 

 

主人公バスチアンが、自分の思い出を捨ててでも、

最後に願ったコト。

『あなたの心に、愛を。』

敵対する相手に向かって、このセリフを言うの。

 

 

なんか、まとまりないけど。。。(^^;;)

ファンタジーって、やっぱりスゴイ。